シミ 美白 化粧品

最も大切なことは、シミがなぜ出来たのか、原因を知ることです!

simitaisaku

シミの全てが、全部紫外線の影響からできたものではないことはご存知でしょうか?

 

 

シミを医学的に種類分けしていくと、こんな名前が挙がってきます。紫外線による炎症・色素沈着、脂漏性角化症、そばかす、また肝斑、花弁状色素班など。。

 

 

難しそうな名前もありますが、大まかに調べているだけでも6種類も上がりました。

 

 

できたシミがどのような原因でできたのかが分かれば、それに対してどのように対策していけばいいかは自ずと分かってきます。

 

シミを消す美容液も、色々な種類のものがあるので、自分にできたシミにどの化粧品が有効なのか選ぶきっかけにはなると思います。

 

 

また、シミの種類によっては、どのような美白化粧品を使用しても効果がなかなか現れないものもあります。

 

そういう時は、そのシミがそもそも美白化粧品で対処できる種類のものなのかを見極めなくてはいけません。

 

 

大切なことは、そのシミがなんで出来たのか、原因を知ることだということです。

 

 

 

原因が分かると、もちろんそれに対して適切な対処法も分かるので、間違った方法での対処を続けて効果がなかなか出ないということも減っていくことでしょう。

 

 

 

美白化粧品の中でも色々なものがあり、中でも、シミが消えるといわれている美容液などは、お値段もそれなりにするものが多いです。

 

 

高いお金を払っても、効果が全然出ないようなことでしたら、もったいないことです。

 

 

 

 

シミが消えるといわれている美容液を使用して、シミが実際薄くなる人もいれば、美容液を塗るよりも、レーザーなどで美容施術を受けた方が効果が出たという人もいます。

 

 

例えば、老人性色素班などの初期のものは、日焼けなどから起こる記憶ジミと言われますが、このシミには美白化粧品が有効だとされています。

 

 

 

 

気になる美白化粧品は、まずはサンプルを取り寄せてからパッチテストをして効果を確かめて下さいね。
シミの種類と対策続きその3に続く^^)


シミの種類と対策をしみじみと考えてみる その2関連ページ

シミの種類と対策
できてしまったシミは、どうやって消したらいいのか・・。心の底から消したいと思う、にっくきシミの種類と対策を考察しています。
シミの種類と対策をしみじみと考えてみる その3
シミといっても種類が沢山あります。どのシミにはどの美容液、サプリが効くのかを考察しています。
シミを撃退!憧れの美白肌へ
いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!そんなアラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
ビタミンCを味方に!色素沈着を淡色化しよう
ビタミンCで、シミのない綺麗な美白肌へ!色素沈着を淡色化する方法
ビタミンCの摂り方で効率が良くなるには?
ビタミンCは、体内での利用度が高く消耗されやすい 栄養素です。そんなビタミンCの摂り方で効率が良いのはどんな方法?
ビタミンCをお肌に入れる
ビタミンCをお肌にダイレクトに届けるためには、イオン導入がおすすめ! イオン導入って実際どんな感じなのか、解説しています。
シミと闘う抗酸化食品たちその1(ポリフェノール)
いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!ここでは、ポリフェノールという抗酸化食品に含まれる成分の1つを取り上げてみましょう。
.シミと闘う抗酸化食品その2
シミと闘う抗酸化食品、今回は赤いヒーロー、カロチノイドの効果です。
シミと闘う抗酸化食品その3
シミ治療や美白対策でよく使用される「L−システイン」について調べてみました。
フォトフェイシャルでできること
フォトフェイシャルは、お肌全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを呼び覚ます最先端の美容療法です。ここでは、フォトフェイシャルでお肌にどのような効果が表れるか解説しています。
日焼け止めの効果的な選び方について
日焼け止めの効果的な選び方について解説しています。いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!そんなアラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について
炎症性色素沈着と老人性色素斑についての説明です。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について その2
炎症性色素沈着と老人性色素斑についてのその2です。