シミ メラニン

シミを撃退!憧れの美白肌へ 

シミ 美白対策

 

20代の頃から気をつけていたことがあります。

 

それは、紫外線!

 

夏といわず、一年中日焼け止めを欠かさず塗っています。

 

洗顔や化粧水の選択などスキンケアは色々間違ったやり方をしてきましたが(笑)

 

日焼け止めだけはきちんと塗ってました^^(日焼け止めの選択も誤って、荒れたりしていましたが・・)

 

 

 

 

そのおかげか、紫外線からはお肌が守れたのでしょう、アラフォーの今でもシミはあまりありません。

 

あるとしたら、左目尻の下に小さくうっすら見えるか見えないかくらいのものでしょう。(これ見つけたときは、かなりショックでしたが。今は、ほとんど消えています^^)

 

 

 

シミのできるおおよその原因は紫外線だといいます。

 

 

 

これもうまくターンオーバーが為されているときは、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトがメラニン色素を生成し、細胞を紫外線から守る役割を果たすのですが、過剰な紫外線を浴びたときに、メラノサイトが活性化してしまうと、メラニン色素を作りすぎてシミになってしまうのです。

 

 

 

メラニン色素は、通常のターンオーバーでは排出されるのですが、あまりに過剰なメラニン色素がある場合は排出しきれずに、残ってしまうのです。

 

 

これがシミです。

 


シミを撃退!憧れの美白肌へ関連ページ

シミの種類と対策
できてしまったシミは、どうやって消したらいいのか・・。心の底から消したいと思う、にっくきシミの種類と対策を考察しています。
シミの種類と対策その2
そもそも全てのシミが紫外線の影響からできたものとは限りません。ここでは、シミの原因を突き止める必要と美白の化粧品のことについて考察していきます。
シミの種類と対策をしみじみと考えてみる その3
シミといっても種類が沢山あります。どのシミにはどの美容液、サプリが効くのかを考察しています。
ビタミンCを味方に!色素沈着を淡色化しよう
ビタミンCで、シミのない綺麗な美白肌へ!色素沈着を淡色化する方法
ビタミンCの摂り方で効率が良くなるには?
ビタミンCは、体内での利用度が高く消耗されやすい 栄養素です。そんなビタミンCの摂り方で効率が良いのはどんな方法?
ビタミンCをお肌に入れる
ビタミンCをお肌にダイレクトに届けるためには、イオン導入がおすすめ! イオン導入って実際どんな感じなのか、解説しています。
シミと闘う抗酸化食品たちその1(ポリフェノール)
いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!ここでは、ポリフェノールという抗酸化食品に含まれる成分の1つを取り上げてみましょう。
.シミと闘う抗酸化食品その2
シミと闘う抗酸化食品、今回は赤いヒーロー、カロチノイドの効果です。
シミと闘う抗酸化食品その3
シミ治療や美白対策でよく使用される「L−システイン」について調べてみました。
フォトフェイシャルでできること
フォトフェイシャルは、お肌全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを呼び覚ます最先端の美容療法です。ここでは、フォトフェイシャルでお肌にどのような効果が表れるか解説しています。
日焼け止めの効果的な選び方について
日焼け止めの効果的な選び方について解説しています。いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!そんなアラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について
炎症性色素沈着と老人性色素斑についての説明です。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について その2
炎症性色素沈着と老人性色素斑についてのその2です。