日焼け止め 効果 選び方

賢い日焼け止め選びとは。。

日焼け止め効果

良い日焼け止めを効果的に使う事やその選び方は、何十年後のお肌を綺麗に保つことに他なりません。 

 

 

徹底的に紫外線から逃げなくちゃ!と焦った私は、SPF50のアウトドア用の日焼け止めをベースメイクに年がら年中塗っていました。

 

 

それが仇となり・・。二年くらいそのような状態を続けたあと、ある夏の日に二の腕や頬にかゆみを伴う湿疹を沢山作ることに!

 

 

原因はやはり、SPF50のものは成分自体もキツイものを使っていたからに他なりません。

 

それから、クレンジングも足りなかったと思います。

 

専用クレンジングなども売っているのですからよっぽど落ちにくいものなのでしょう。

 

 

完全に日焼け止めの選び方を間違っていたのです。

 

 

お肌に負担をかけるものを、二年もずっと敏感な腕やお顔に塗り続けていたなんて・・。

 

自分のあほさ加減にうんざり、です。(笑)

 

 

 

 

 

それからは、お肌に負担をかけない効果的な日焼け止めを選ぶことに必死になりました。

 

サンプルを取り寄せ、色々、自分のお肌に塗って試してみました。 

 

さて、そんな教訓を踏まえて現在の私はといえば、専らSPF30のオルビスのサンスクリーンルーセントを使っています。

 

この日焼け止めは、お肌にとても優しく且つベースメイクに塗っても次に載せるファンデがきれいに映えるので一年中お世話になっています。

 

 

真夏でも、これで大丈夫でした。日焼け止めでお肌を荒れさすのは紫外線予防の以前の問題です。
本末転倒になりますもんね。

 

 

やはりSPFの小さなものをこまめに塗った方が断然良いと思います^^

 

 


日焼け止めの効果的な選び方について関連ページ

シミの種類と対策
できてしまったシミは、どうやって消したらいいのか・・。心の底から消したいと思う、にっくきシミの種類と対策を考察しています。
シミの種類と対策その2
そもそも全てのシミが紫外線の影響からできたものとは限りません。ここでは、シミの原因を突き止める必要と美白の化粧品のことについて考察していきます。
シミの種類と対策をしみじみと考えてみる その3
シミといっても種類が沢山あります。どのシミにはどの美容液、サプリが効くのかを考察しています。
シミを撃退!憧れの美白肌へ
いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!そんなアラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
ビタミンCを味方に!色素沈着を淡色化しよう
ビタミンCで、シミのない綺麗な美白肌へ!色素沈着を淡色化する方法
ビタミンCの摂り方で効率が良くなるには?
ビタミンCは、体内での利用度が高く消耗されやすい 栄養素です。そんなビタミンCの摂り方で効率が良いのはどんな方法?
ビタミンCをお肌に入れる
ビタミンCをお肌にダイレクトに届けるためには、イオン導入がおすすめ! イオン導入って実際どんな感じなのか、解説しています。
シミと闘う抗酸化食品たちその1(ポリフェノール)
いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!ここでは、ポリフェノールという抗酸化食品に含まれる成分の1つを取り上げてみましょう。
.シミと闘う抗酸化食品その2
シミと闘う抗酸化食品、今回は赤いヒーロー、カロチノイドの効果です。
シミと闘う抗酸化食品その3
シミ治療や美白対策でよく使用される「L−システイン」について調べてみました。
フォトフェイシャルでできること
フォトフェイシャルは、お肌全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを呼び覚ます最先端の美容療法です。ここでは、フォトフェイシャルでお肌にどのような効果が表れるか解説しています。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について
炎症性色素沈着と老人性色素斑についての説明です。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について その2
炎症性色素沈着と老人性色素斑についてのその2です。