シミ 美白

(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑続き その3

美白 シミ

 

年数が経過してしまい、真皮の奥の方までシミが定着してしまった場合は、いくらシミが消える美容液を使っても、美白成分だけでは、元通りにならないと言われています。

 

私も実際クリニックで見てもらったことがあるのですが、老人性色素斑だと診断され、レーザー施術を受けましたが、一度の施術では消えませんでした。

 

シミが消えると言われて、実際レーザー施術を受けてみたのですが、施術した部分のかさぶたが取れたときは、確かに以前のシミも色素が薄くなっていました。

 

しかし、まだ同じようなシミが奥から出てきたみたいで、今はまた元通りの濃さのシミになっています。

 

 

私のケースのように一度の施術でシミを取るということは難しいのかもしれません。

 

老人性色素斑を少しでも作らせないためには、やはり、若い頃からの紫外線対策をする必要があるでしょう。

 

 

私たちが20代の頃は、美白と言う概念が今よりもなかったため、夏に思いっきり肌を焼くことは当たり前でした。

 

日焼け止めクリームではなく、日焼けオイルが主流でしたよね。

 

そのころに受けた紫外線による痛手が記憶されて、今のシミとなって出てきているのです。なんて、恐ろしい!

 

 

 

ですので、若い方には普段の生活から、それこそ一年中紫外線に気をつけるようにして欲しいですね。

 

 

そういえば、ガングロという、日焼けした肌の女性がカッコイイというような時代もありましたよね。

 

残念ながら、年齢が進んでから、彼女達がシミに悩むことは約束されてしまっていることでしょう。

 

 

 

今の時代は、紫外線対策の化粧品や洋服や傘など、便利な紫外線対策の商品も沢山出ていますから、とても良い時代だと思います。

 

若い頃から、しっかりと紫外線対策をして、いくつになっても美しい肌をキープしてくださいね。

 

また、シミができてしまったら、放置せずにシミが消える効果がある美容液などを使って、早めに対策をスタートさせることが大事です。


(シミの種類をしろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑続きその3関連ページ

シミの種類と対策
できてしまったシミは、どうやって消したらいいのか・・。心の底から消したいと思う、にっくきシミの種類と対策を考察しています。
シミの種類と対策その2
そもそも全てのシミが紫外線の影響からできたものとは限りません。ここでは、シミの原因を突き止める必要と美白の化粧品のことについて考察していきます。
シミの種類と対策をしみじみと考えてみる その3
シミといっても種類が沢山あります。どのシミにはどの美容液、サプリが効くのかを考察しています。
シミを撃退!憧れの美白肌へ
いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!そんなアラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
ビタミンCを味方に!色素沈着を淡色化しよう
ビタミンCで、シミのない綺麗な美白肌へ!色素沈着を淡色化する方法
ビタミンCの摂り方で効率が良くなるには?
ビタミンCは、体内での利用度が高く消耗されやすい 栄養素です。そんなビタミンCの摂り方で効率が良いのはどんな方法?
ビタミンCをお肌に入れる
ビタミンCをお肌にダイレクトに届けるためには、イオン導入がおすすめ! イオン導入って実際どんな感じなのか、解説しています。
シミと闘う抗酸化食品たちその1(ポリフェノール)
いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!ここでは、ポリフェノールという抗酸化食品に含まれる成分の1つを取り上げてみましょう。
.シミと闘う抗酸化食品その2
シミと闘う抗酸化食品、今回は赤いヒーロー、カロチノイドの効果です。
シミと闘う抗酸化食品その3
シミ治療や美白対策でよく使用される「L−システイン」について調べてみました。
フォトフェイシャルでできること
フォトフェイシャルは、お肌全体に有効な光をあてることで素肌が持つ本来の美しさを呼び覚ます最先端の美容療法です。ここでは、フォトフェイシャルでお肌にどのような効果が表れるか解説しています。
日焼け止めの効果的な選び方について
日焼け止めの効果的な選び方について解説しています。いくつになっても、シミのない綺麗な美白肌でいたい!そんなアラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について
炎症性色素沈着と老人性色素斑についての説明です。
(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について その2
炎症性色素沈着と老人性色素斑についてのその2です。