シミ 美白

シミ・美白対策記事一覧

シミの種類と対策をしみじみと考えてみる

顔にできてしまったシミ。。ほんと、心の底から消したいと思いますよね。化粧をしてしまえば、ある程度は見えなくなるものですが、やはりスッピンになった時に素肌は綺麗な方がいいですもの・・。美白化粧品にこだわる女性は、私も含めて多いもので、シミが消える美容液などのランキングもよく雑誌やネットで特集が組まれて...

≫続きを読む

 

シミの種類と対策をしみじみと考えてみる その2

シミの全てが、全部紫外線の影響からできたものではないことはご存知でしょうか?シミを医学的に種類分けしていくと、こんな名前が挙がってきます。紫外線による炎症・色素沈着、脂漏性角化症、そばかす、また肝斑、花弁状色素班など。。難しそうな名前もありますが、大まかに調べているだけでも6種類も上がりました。でき...

≫続きを読む

 

シミの種類と対策をしみじみと考えてみる その3

美白化粧品で改善されるシミは主に、肌荒れによってできるシミ、炎症性の色素沈着や、頬の辺りにぼんやりとあらわれる肝斑、また目の下あたりにできるソバカスなどでしょう。これらのシミは、シミが消えると謳われている美容液などを使用すれば大体は対応できます。しかし、このような美容液を使用しても効果が出ないシミも...

≫続きを読む

 

シミを撃退!憧れの美白肌へ

20代の頃から気をつけていたことがあります。それは、紫外線!夏といわず、一年中日焼け止めを欠かさず塗っています。洗顔や化粧水の選択などスキンケアは色々間違ったやり方をしてきましたが(笑)日焼け止めだけはきちんと塗ってました^^(日焼け止めの選択も誤って、荒れたりしていましたが・・)そのおかげか、紫外...

≫続きを読む

 

ビタミンCを味方に!色素沈着を淡色化しよう

シミ予備軍やできてしまったシミ、それによる色素沈着またはそれらの症状の予防に効く美白の味方といえば?それは、もちろんビタミンCです!ビタミンCには、メラニン色素の生成を抑制する働きがあります。また美白成分として厚生労働省から認められています。また、メラニン色素沈着を淡色化する還元作用もあるのでできて...

≫続きを読む

 

ビタミンCの摂り方で効率が良くなるには?

ビタミンCは、体内での利用度が高く消耗されやすい栄養素です。シミやくすみを改善するためには、一日1000rが目安とされています。この量をすべて食品から摂るとなれば、結構大変です!例えばイチゴなら、一kg以上摂取しないといけないことになります。一キロなんて、イチゴが好きなら、、というレベルではないです...

≫続きを読む

 

ビタミンCをお肌に入れちゃおう!〜すっぴん美人40代からの美肌術〜

お肌の救世主ビタミンCをお肌に直接入れてしまいたくありませんか?ビタミンイオン導入はまさしくそのような方法でビタミンをダイレクトにお肌に取り入れる方法です。あらゆるタイプのシミにビタミンCをイオン導入することは効果的であるといいます。では、実際イオン導入とは一体どういうことするのでしょう。皮膚は、外...

≫続きを読む

 

シミと闘う抗酸化食品たちその1(ポリフェノール)

シミの原因となるメラニン色素は活性酸素によって大量に生成されてしまうので、この活性酸素を除去する効果のある抗酸化食品を摂取することによって、シミを防ぎ美白効果を促進することができます。ここでは、ポリフェノールという抗酸化食品に含まれる成分の1つを取り上げてみましょう。赤ワインやチョコレートなどで、一...

≫続きを読む

 

シミと闘う抗酸化食品たちその2(赤いヒーロー!カロチノイド)

にんじんやかぼちゃ、私はよくおみそ汁などに入れて食べるのですが、独特の濃い味で体に良さそうですね^^にんじんに含まれるベータカロチンはよく知られています。これらのカロチノイド類は、オレンジ色や赤色など派手な色彩の植物に多く含まれています。トマトなども、リコピンと呼ばれるカロチノイドの一種である成分が...

≫続きを読む

 

シミと闘う抗酸化食品たちその3(L-システインとは何ぞや?)

よくシミ治療や美白のために飲む錠剤などに書いてある含有成分「L−システイン」。説明書を読んでいてふむ・・?何ぞや?どんな働き方をしてくれるの?ということで、調べてみました。L−システインは、お肌の基底細胞に多く存在するらしいです。お肌の土台が作られる大事な場所です。そして、その大事な場所で細胞分裂を...

≫続きを読む

 

フォトフェイシャルでできること【白くシミのない光沢のあるお肌へ】

母は若い頃、紫外線の害のことをあまり知らず(情報もあまり無かったと思いますが)日焼け止めを塗っていることも少なかったせいか最近になってシミに悩まされ、ある治療院でフォトフェイシャルというものを受けました。受けてから、目の下に点在していたシミの数々が明らかに薄くなり、お肌もキレイになりつつあります。フ...

≫続きを読む

 

日焼け止めの効果的な選び方について

良い日焼け止めを効果的に使う事やその選び方は、何十年後のお肌を綺麗に保つことに他なりません。 徹底的に紫外線から逃げなくちゃ!と焦った私は、SPF50のアウトドア用の日焼け止めをベースメイクに年がら年中塗っていました。それが仇となり・・。二年くらいそのような状態を続けたあと、ある夏の日に二の腕や頬に...

≫続きを読む

 

(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について

アラフォーの美容掲示板などを見て思うのですが、シミで悩んでいる女性の方はアラフォー世代からとても多いと思われます。その証拠にテレビをつければ美白化粧品のCMが多いですし、ドラッグストアの店頭を見ても、ずらっと美白化粧品が並ぶコーナーがあります。ほんと、沢山種類があって迷ってしまいますね。どの美白化粧...

≫続きを読む

 

(シミの種類を知ろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑について その2

炎症性色素沈着の場合は、美白成分が含まれているもの、シミが消える美容液などを使用すれば大体は改善できますし、ビタミンC誘導体が含まれた美容液がより効果的だといえます。そのほかにも、ピーリング施術を受けて、ターンオーバーを促すことでも大幅に改善されることでしょう。炎症性色素沈着の場合は、自然と消えてい...

≫続きを読む

 

(シミの種類をしろう!)炎症性色素沈着と老人性色素斑続きその3

年数が経過してしまい、真皮の奥の方までシミが定着してしまった場合は、いくらシミが消える美容液を使っても、美白成分だけでは、元通りにならないと言われています。私も実際クリニックで見てもらったことがあるのですが、老人性色素斑だと診断され、レーザー施術を受けましたが、一度の施術では消えませんでした。シミが...

≫続きを読む