スキンケア失敗談

クリームクレンジングのデメリット

若い頃は色々試行錯誤を繰り返した方がいいとは言いますが、美容の道もやはりそうなんでしょうね・・。

 

 

高校生の頃の美容への無頓着ぶりはさておいて(笑)、問題は大学生になって化粧を始めた頃なのです。
私のスキンケア失敗談をお話しましょう。

 

 

 

 

まずは、20代初めの脂性肌に傾いたお肌にクリームクレンジングを使ったことです。

 

 

クリームクレンジングは、それ単体でマッサージクリームとも併用できる商品も多く万能な感じなのですが、いわゆる乾燥肌には良いとは思うのです。
クリームペーストですから、冬場に乾燥したお肌にも潤いを残してメイクを落とせます。

 

 

脂性肌に用いた場合は、油に油をのせるような感触で、私の場合はぶつぶつとにきびが出来ました。

 

 

巷では、油で油を制する療法もあるようですが、それはとても勇気のいるようなことと私は思います。

 

一度クレンジング選びに失敗して出来てしまったにきびはまた治りづらく、おそらく大人のにきびといわれる厄介なものだったと思われます。

 

 

クリームクレンジング

 

 

出産した20代後半の頃、段々と乾燥肌に傾いてきました。

 

その頃、クリームクレンジングを使ってみるといい感じに保湿された感がありました。肌質の読み違えをしたばかりに、自らでお肌を汚くしていたのに気づきました。

 

 

 

年齢を重ねることによって、肌質が変わっていくのも実感しています。
このクレンジング選びの失敗は、その時その時の年齢に合ったスキンケアの重要性を痛感した体験でした。

 

クリームクレンジングのデメリット関連ページ

オイルクレンジングと鼻パックの罠!
手軽といわれているオイルクレンジングですが、使い方を間違えるとお肌は大変なことになりました。