女性ホルモン 影響

女性ホルモンが与えるお肌への影響

女性ホルモン 影響

 

なんだか最近生理の前後にお肌の調子が悪い・・、化粧のりが悪い。。という経験、ありませんか?

 

 

生理の前は、体に水分が溜まってむくみやすく気分もすぐれませんよね。生理とお肌の関係も、とても密接なのです。

 

生理の周期で女性ホルモンは大きく変動します。

 

 

これに合わせてダイエットなどをするととてもスムーズに進みます。

 

女性ホルモンの影響によって、お肌の調子も随分と変化していきます。

 

 

 

さて、生理周期の知識が分からない方でもなんとなく生理周期の変動での心身の変調は実感されていると思います。

 

 

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる2つの種類があります。

 

役割を簡単に説明すると、「エストロゲン」は女性らしさに影響を及ぼし、プロゲステロンは妊娠のために必要なホルモンです。

 

 

 

 

 

お肌のお手入れは、この2つの女性ホルモンの分泌される時期によって使い分けをした方がうまくいくと思われます。

 

 

女性らしさを司るホルモン「エストロゲン」が沢山分泌される生理が終わってから排卵まではお肌の調子がとても良い安定している時期です。

 

したがって、新しい化粧品を試すとかピーリングをしてくすみを取ることなどもいいかもしれません。

 

 

 

一方、皮脂の分泌が過剰になる「プロゲステロン」が多く分泌される排卵から次の生理までの時期は、皮脂のせいで化粧が崩れやすくなったり色素が沈着しやすいので、マッサージのしすぎやパック、ピーリングなどは控えたほうがいいです。

 

 

 

女性ホルモンの影響を考慮して、それぞれのホルモンの分泌時期にあったお肌のお手入れを心がけることによって、大人の女性のお肌は益々磨かれることでしょう。

 

 

上手く、生理周期の波をとらえて毎日元気なお肌で過ごしたいですね^^

 

 

 


女性ホルモンが与えるお肌への影響関連ページ

しっとりつやつや肌になりたいあなたへ!
いくつになっても、つやつやのすっぴん美人って言われたい!そんなアラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
肌質って変わるもの?その1
お肌の肌質をベストコンディションに保つには?アラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
肌質って変わるもの?その2
お肌の肌質をベストコンディションに保つには?アラフォー世代の管理人が贈る美肌になる情報サイトです。
内側から発光するようなツヤツヤの白玉肌になるには?
「白いお肌」といっても、もちろん病的に白い肌やツヤのないかさかさの白い肌ではありません。
年齢不詳の美肌の作り方
いかに、良いといわれる化粧品でもそれだけでは、お肌は根本から美しくはなってくれませんでした。
キメの細かいお肌ってどんなの?
現在30代後半の私のお肌は触るとぷにぷにして弾力もハリもあります。
たるみを上へ上へ!お肌の奥の奥の秘密を知ろう!
ある日、急に感じてしまう怖さがあります・・。顔のブルドッグ状態。
正常なターンオーバーが美しいお肌を守る!
お肌の細胞が、毎日少しずつ生まれ変わることをターンオーバーといいます。
老化によるターンオーバーの乱れ
一般にお肌の老化によって、ターンオーバーは長くなっていきます。
ターンオーバーを正常化する方法
正常なターンオーバーを保つためには、具体的にはどのようなことをすればいいのでしょう。
美肌のために:上手にストレスと向き合う方法
イライラが続いたときにふと鏡を見ると、お肌がさがさでくすみがち・・
アラフォーのお肌のためにできること!
睡眠時間が不足すると、まずお肌のターンオーバーが遅れます。
ソフトピーリングのススメ
ピーリングについて解説しています。毎日の洗顔の際にお試しくださいね。
顔若返り体操で顔を鍛えたら若返る!
顔若返り体操で顔の筋肉も体と同様に鍛えると、顔の表情が生き生きとして若返りました。
低分子ヒアルロン酸の恩恵を受けるアラフォー肌
女性の荒れ肌、老け肌をみずみずしく潤わせる低分子ヒアルロン酸について解説しています。
顔つまみマッサージでお肌がぷるぷるっ
顔つまみマッサージを少しだけでもすると、瞬時にお肌にハリが戻り、プルプルしてくるので不思議です。
顔のリフトアップマッサージで背中を下ろせば顔が上がる?!
顔のリフトアップマッサージを実践すると、顔全体が引き上がって若返ります。
吉丸美枝子の美容法って効果あるの?
吉丸美枝子の美容法は果たして効果があるのか?!検証してみました。